佐藤美由紀のアンチエイジング外来は、
佐藤歯科医院内で診療を受けることができます。
体の中から本気で若返りたい方に、親身になってカウンセリング指導をいたします。

ハワイアンミュージックとアロマが漂う診察室
診療時間 09:00~12:30
14:00~18:00
住所 〒241-0821
神奈川県横浜市旭区二俣川1-43-10
内田ビル2F
休診日 木・土午後・日・祝祭日
<完全週休二日制>
電話番号 045-391-1918

楽しく食べると免疫力がアップします。

 こんにちは!!
今日も元気なおばちゃんです!

 ご無沙汰しております。
今年は色々な災害があり、心を痛めるニュースが多いです。
被災されている方は本当に辛いと思います。
1日も早い復興をお祈り申し上げます。
  

 患者さんでこんな方がいました。
『私はサプリを沢山飲んでいるので、食事には気を使いません。』という方です。
これは本末転倒です。
例えばビタミンCでは、体内での持続時間が維持される医療用のサプリメント以外は食事により摂取した野菜サラダの方が体内持続時間が長いという実験データがあります(食物繊維のためだと思います)。
つまりサプリより食事が大切です。
確かに以前と比べて、野菜自体にビタミン、ミネラルが少なくなっていることもありますが、されど食事は大切なんです。

また、外の食事は添加物の塊だから友人に誘われても外では食べないという方もいました。
これも、確かにファストフードは色々な問題もありますし、外食ですと何を使っているかわからない不安も分かります。
また、お子様の場合は栄養の事など少しシビアに考えなければいけませんが・・・楽しく会話しながらの友人との外での食事は人間の免疫力を上げます。

余りにもガチガチにシビアに考えて食生活を送るということは却って体を疲弊させます。
遅延型アレルギー検査でかなりの陽性が出た場合は一定期間止めなければいけない食材もありますが、それでも工夫すれば友人と外食を楽しむことはできると思います。
私は一見矛盾していることを書いているみたいですが・・・食事は楽しく食べる工夫をしてほしいのです。

最近拝見していますと、両極端に考える方が多い気がします。
現代人は時間に余裕がなく、食事も「早食い」や「ただ流し込む」という方がいると思いますが、そこを少しゆとりを持って「楽しく食べる努力」が必要なのかもしれません。
そして、休息をとることも仕事と考え自分に優しくなってほしいと思います。
なんか変な内容になりましたが、家族や友人と楽しく食べる事が免疫力を上げる事に繋がりますので(その中に笑いがありましたらもっと素敵です)皆様もそうする努力をしてみてください。
 
 
 
佐藤歯科医院では、歯科衛生士歯科助手を募集しております。
       どうぞ、お気軽にお問い合わせください!!( 電話:045-391-1918 )



毎日の食事の大切さ。

 こんにちは(✿✪‿✪。)
今日も元気なおばちゃんです!!
ずっとご無沙汰していてすみませんm(――)m
パソコンが壊れ・・・私は機械音痴で・・・新しく買い替えてもそれがまた調子悪く・・・お手上げでした。
やはり機械も身体もしっかり知識のある方のメインテナンスが大切と思いました(笑)

本当に暑いですね・・・酷暑とはこの事です。
暑い中、当院に通って頂いている患者さんに感謝ですm(――)m
 

 ある患者さんで遅延型アレルギー検査をしたら血清中にはカンジダが沢山いるとカウントされましたが、尿の有機酸検査ではカンジダからの代謝産物が少なく出ました。
おかしいと思いましたら・・・患者さんご本人の全体的な栄養不良が原因で、悪さをするはずのカンジダも栄養不良だったのです。

何度も書きますが、食事からの栄養は大切です。
それをおろそかにすると全ての代謝が回りません。
カンジダ菌がかなり多いということは腸内が悪玉菌優位(ディスバイオーシス)になっているのですが、宿主(ご本人)の栄養不良によりカンジダ自身も元気がなかったのです。
とは言え、だから良いということはありません。
このままでは色々なところでもっと深刻な身体の不調が出ます。
この方がもし、尿の有機酸検査しかしていなかったら(遅延型アレルギー検査ではカンジダの数がかなりいる事がわかりました)このような身体の中の状況をはっきり把握できませんでした。

暑いからとか、仕事が忙しいからと食事を後回しにすることは身体をいじめ抜いていることと同じです。

また、専門家の指導のもとでない何日もの断食ダイエットは避けてください。
腸の柔毛は断食で血管の通らない部分はすぐに栄養不良で剥がれ落ちます。
半日くらいなら良いですが、1日の断食でもその後の食事等のアドバイスを専門家から受けてからにしてください。

サプリメントもただ宣伝だけで服用するのは危険です。
 

 久しぶりなので・・・書きたいことが色々でとりとめがなくなりましたが・・とにかくご自分の体が大切ならまずは、食事を大切に考えてください。

皆さんでこの暑い酷暑を乗り切りましょうね。
 
 
 
佐藤歯科医院では、歯科衛生士歯科助手を募集しております。
       どうぞ、お気軽にお問い合わせください!!( 電話:045-391-1918 )



先週末は学会に行ってきました。


 こんにちはv(^^)v
今日も元気なおばちゃんです!!

今年は梅雨が早く夏は暑くなるとの長期予想が出ております。
これからジメジメの季節ですね・・・・なるべくそれをものともせずに楽しむようにしましょうね。
と言っても梅雨は嫌ですね。
 
 
 先週末は大阪にて抗加齢学会と日本アンチエイジング歯科学会を掛け持ちで行ってきました。
とても興味深く、勉強になる講演があり感謝いたします。
そして、どちらの会も運営されている方々のご苦労にも感謝いたします。

また、平良先生ともお会いでき、最新のお考えをお聞きかせいただきとても勉強になりました。
例えば私の患者さんでもいらっしゃるのですが、問診で便通が良い(バナナ状で色は茶褐色、1日に2~3回出る)とお聞きすると普通は腸内環境が良く善玉菌優位を思います。
しかし、尿の有機酸検査をすると明らかに悪玉菌優位であり、カンジダなどが異常増殖しているデータが出て、おや?と思うことがあります。
実は、それは悪玉菌による刺激が腸の蠕動運動を促し便通が良くなっているだけで、腸内環境は良い状態とは言えないのです。
 

菌はバランスが大切です。
善玉菌優位でそして日和見菌や悪玉菌も必要です。
それが知らず知らずに悪玉菌優位になり、わからないところで色々な炎症に係ることになります。
ですから、もっと便の状態を詳しくお聞きし、出来れば有機酸検査は必要だと改めて感じました。
そして、食物繊維と善玉菌と善玉菌から産出される酸が腸内環境をよくする要なんですね。
ただ・・・その素材を商品化する際、食べやすくするためにブドウ糖果糖液糖や人工甘味料を使ってしまっている物を学会参加の企業の方がサンプルとして出しているのは残念でした。
歯磨き粉も歯科医師推薦なら防腐剤は無しの物を推奨してほしかったです。

確かにコストはかかりますが、やはり専門家が推奨と言えば健康に関心のある方は高くても買うと思います。
どうか企業の方はそこのところも少しご配慮いただくと嬉しいです。
 

生意気な事を書きましたが、普通にスーパーでも安心して買い物ができる世の中を私は願います。
働く女性でも男性でも、時間が無い時に近所のスーパーでも安心して買えるものが増えてくれると本当に助かります。

そして私たち自身は身体に悪いものがたとえ入っても解毒できる体力をつけるように頑張りましょうね。
その手助けができるようにおばちゃんは頑張ります!!
 
 
 
佐藤歯科医院では、歯科衛生士歯科助手を募集しております。
       どうぞ、お気軽にお問い合わせください!!( 電話:045-391-1918 )



日本人らしい食生活。

 こんにちはv(^^)v

今日も元気なおばちゃんです・・・
 

 最近・・・糖質制限の論争がまた色々出てきました。

日本農芸化学会で東北大学大学院農学研究科チームが糖質制限のマウスは早死にしたという研究を発表されました。

それに対抗するように糖質制限を推奨する先生はマウスでは信用できないとか色々と書き立てられています。

これは人間の悪い所と思うのですが・・・何か一つ効果(糖質制限は数日で確かに痩せます)があると全てそれに傾倒するようにマスコミをはじめみんなが推奨します。

しかし・・・日本人には日本人に合った食生活があります。

それを無視して欧米化した肉と野菜だけの食生活では確かに日本人の腸内環境には合わないと思います。

また反対に、糖質制限がダメとの情報が出ると・・・今度は甘いものは何でもOKと勘違いされる方もいます。

日本人本来の食生活は、やはり昔から親が作ってくれる家庭の和食です。

そして、食後に少しのデザートで至福の時を感じうるのが良いのではないでしょうか。

とは言え・・・最近の果物や和菓子、洋菓子は甘すぎますから量を考えなければいけません。

これを食べたら痩せるとか甘い言葉に惑わせられやすいですが、やはりそういう食生活をしていれば必ず腸内環境は破綻します。

ただし、癌の方はある程度の糖質制限は必要です。

癌細胞は糖を栄養素とするからです。

主食を制限する糖質制限ではなく、嗜好の甘いものの制限は本当に必要です。

日本人には日本人の腸内細菌がいます。

しかし今は食生活が欧米化しすぎて腸内環境も乱れています。

昔ながらの家庭の和食を見直しましょうね。

おばちゃんも家庭料理をもっと頑張ります!!
 
 
 
佐藤歯科医院では、歯科衛生士歯科助手を募集しております。
       どうぞ、お気軽にお問い合わせください!!( 電話:045-391-1918 )



花粉症の季節を乗り切りましょう。

 こんにちはv(^^)v
今日も元気なおばちゃんです!!

 春を感じる時期になりましたが、花粉が嫌な方は沢山いらっしゃいますね。
私も以前はスギ花粉の時期には苦しい思いをし・・・鼻のかみ過ぎで鼻血が自然と流れるくらい鼻粘膜が薄いと耳鼻科の先生に言われていました。
そういう時はヘルパーT細胞の2番が異常に活性化されているのですが、それを鎮める方法は色々あります。
ビタミンCやビタミンEを充分にとる事や、良く噛むという事は消化と共に免疫力も上がります。
また、調節性T細胞(Treg)という細胞はヘルパーT細胞2番を抑制してくれます。
調節性T細胞を活性化するものは色々ありますが、例えばビタミンD3などはとても効果があります。
手っ取り早いのが外で日光を浴びる事です。
しかし・・・紫外線の問題もありますからあまり外にいる事も勧められませんよね。
でも、お子さんはもっと外で遊んでほしいと思います。

食品だけでは十分に摂れない場合はサプリに頼る必要もありますが・・・他にもケラスチンと言う成分はアレルギーを緩和するので、例えば玉ねぎの皮を煎じてお茶にしたりすると良いと言われます。
私も免疫力を上げる努力をし、今では花粉症の辛さは殆どなくなりました。

また、アロマでユーカリ・ラディアタ(これは絶対、成分表示があるちゃんとしたものを買ってください。)をデイフィーザーに入れて部屋に焚くとか、症状がひどい時はコップに入れたお湯に数滴たらしてゆっくり嗅ぐだけでも急性症状は落ち着きます。

 当院では強力な空気清浄機に加えこの時期はユーカリ+レモンの精油を焚いているので、花粉症のひどい方も当院に来ると深呼吸が出来てうれしいと言ってくださいます。
現代人は免疫力が知らず知らずのうちに落ちています。
本当に気を付けなければいけませんね。

とは言え、サプリなどは自己判断で適当な量を服用するのはやめてください。
やはり、最初はそういう治療をしている先生の指導の元に服用量を指示して頂いてください。

春はウキウキする季節ですが・・・この花粉症の辛さをなんとか食い止めていきましょうね。
 
 
 
佐藤歯科医院では、歯科衛生士歯科助手を募集しております。
       どうぞ、お気軽にお問い合わせください!!( 電話:045-391-1918 )